<プロが教えるキャッシング鉄板情報~現役金融マンですが何か?>

ウェブ上に溢れるクレジットカード・キャッシングの情報を、その業界人として確実なもの、すなわち「鉄板な」情報のみを厳選してお送りします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

経営再建中の消費者金融アイフルは、4月に募集した希望退職に341人が応募したと発表しました。

グループの全正社員(1907人)の1割強に当たる250人を想定していましたが、それを上回ったもので、6月末に退職する予定です。

契約社員や派遣社員も200人程度削減する方針だとしています。

アイフルの2012年3月期の連結決算は、税引き後利益が170億円になる見通しだと発表されています。

黒字は09年3月期以来、3期ぶりで、過去に取り過ぎた利息の返還請求に備えた引当金を積み増さずに済んだほか、経費削減などが効いた模様です。

アイフルはこれまで、貸金業への規制強化などで事業環境が不透明だとして、12年3月期の業績予想を公表していませんでした。

ただ、売上高にあたる営業収益は、貸付金が減ったために利息収入も減っており、前年同期より309億円少ない1140億円を見込んでいるようです。
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

武富士、更生計画白紙も?! 支援企業変更の可能性☆

会社更生手続き中の消費者金融・武富士が、韓国の消費者金融A&Pファイナンシャルの傘下で再生を図る更生計画が白紙になる可能性が出てきました。

なぜならA&Pが買収資金の約282億円を払い込まず、12月1日に予定されていた事業承継が12月末ごろまで延期となったためです。

また12月末までに買収代金が払い込まれる保証はないため、更生計画を作り直して新たな支援企業を探す可能性が強まっているとみられています。

更生計画を認可した東京地裁は、延期を認める条件としてA&Pが支払う買収代金を282億円から上積みすることを求めた模様です。

12月中旬から始めるはずだった債権者への借金返済は遅れるとみられます。

武富士の債権者は、過去に払い過ぎた利息(過払い利息)の返還を請求した顧客などで約91万人に上りました。

現計画では、武富士が返済できる割合を示す弁済率は3・3%だが、破産すれば1・9%に下がると試算されています。
  1. 未分類
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

会社更生手続き中の消費者金融、武富士の管財人は15日、韓国の消費者金融A&Pファイナンシャルへの事業の継承を柱とする更生計画案を東京地裁に提出しました。

今後は、更生計画案に対して多くの債権者が同意し、裁判所が計画案を認めるかどうかが焦点となります。

更生計画案によると、武富士を会社分割し、A&Pに消費者金融事業を継承する会社と、債務の返済を行う弁済業務に専念する会社に分けることになっています。

今後の手続きは、まず計画案について債権者の書面投票を3か月かけて行う予定です。

債権者の同意が得られれば、10月末から11月上旬に裁判所が認可する見通しです。
  1. 未分類
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

プロミス 被災者融資を拡充 へ

消費者金融大手のプロミスは、東日本大震災の被災者向けに行っている無利息融資の契約拠点を、仙台市内の1カ所から、関東、関西も含めた全国11カ所へ同日付で増やしたと発表しました。

プロミスは、4月から仙台市青葉区の1店舗で返済1年目が無利息・無担保となる「応援融資」をスタートしました。

被災者と判断された申込者に対し、10万円を限度に融資を行ってきましたが、この日から新たに、札幌市▽盛岡市▽宇都宮市▽東京都(2カ所)▽横浜市▽千葉市▽さいたま市▽大阪市(2カ所)にある計10店舗で無利息融資の契約が可能となったものです。

  1. 未分類
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

亀井金融担当相、大いに吼える!!

「(規制強化で)大変だというなら、小口・緊急の庶民の資金ニーズにメガバンクとしてどう対応していくのか。対案を出さないとだめだ」



亀井静香郵政・金融担当相が記者会見で、持論を展開し、大いに吼えました。



亀井金融相は6月に最終的な施行期限を迎え、貸付総額などに関する規制を強化する改正貸金業法についての考え方を述べたもので、「全党一致で決めた法律そのものを変える状況ではない」とも強調し、予定通り施行する考えを改めて示しました。



その上で金融相は「メガバンクがダミー(傘下の消費者金融など)を使った商売が難しくなるから『けしからん、手直しをしてくれ』と妙な根回しをしておれにプレッシャーをかけても通用しない」と吼えています。



問題となっている零細企業や個人事業主らの必要資金は、銀行や信用金庫などがきちんと融資すべきだとの持論を改めて述べました。




「妙な根回しをしてプレッシャー」って、オモシロイですね~☆



やっぱりあったんですね、メガバンクからの圧力が。



それを言っちゃうってのが、亀井大臣のオモシロイ所でしょうか。

  1. 未分類
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ
プロフィール

現役金融マンですが何か?

Author:現役金融マンですが何か?
Masaです。
信販会社のサラリーマンをしてます。
立場上クレジットカードや各種ローン
取立て等の管理・法的手続きについ
ては詳しいです。
守秘義務に違反しない、ギリの所ま
でお伝えしたいと思います。

Powerd by igosso似顔絵アバター

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
裏キャッシング道!現役信販マンが教えるカード・キャッシングのお得な活用方法