<プロが教えるキャッシング鉄板情報~現役金融マンですが何か?>

ウェブ上に溢れるクレジットカード・キャッシングの情報を、その業界人として確実なもの、すなわち「鉄板な」情報のみを厳選してお送りします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

三井住友銀がプロミスを完全子会社化!!

三井住友銀行は、傘下の消費者金融大手プロミスの全株式を公開買い付け(TOB)で取得し、完全子会社化する方針を固めたと発表しました。

取得金額は800億円程度とみられています。

更にプロミスが行う約1000億円の第三者割当増資も引き受けることで、プロミスの財務基盤を抜本的に強化し、三井住友フィナンシャルグループにおける個人向け金融事業の中核会社としての位置づけを明確にして、収益拡大を目指すとしています。

三井住友銀は04年にプロミスと資本提携し、現在の出資比率は約22%ですが、完全子会社化に踏み切ることで、今後はプロミスの業績はすべて三井住友銀の決算に反映されることになります。

プロミス自体もTOBに賛同しているようです。

消費者金融各社の業績は、昨年9月の武富士の経営破綻以降、過去に取り過ぎた利息(過払い金)の返還請求が急増して収益を圧迫していて、プロミスは11年3月期に連結ベースで960億円の最終赤字を計上しました。

しかし、昨年末に月1万件を超えていた返還請求件数は、今年8月には8000件台にまで減少しており、反転攻勢に出る準備が整ったと判断したとみられているのです。

消費者金融業界は、貸金業者の融資を借り手の収入の3分の1までに制限する総量規制が昨年6月に導入されたことで、市場規模が縮小しました。

日本貸金業協会によると、7月の消費者向け無担保融資は、前年同月比3割減の約6兆円となりました。

ただ、中堅業者が相次いで市場から撤退していることもあるため、三井住友銀は「一定の需要は見込める」として、プロミスへの一段の支援に積極的な考えを示していました。
スポンサーサイト
  1. 金融ニュース
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
プロフィール

現役金融マンですが何か?

Author:現役金融マンですが何か?
Masaです。
信販会社のサラリーマンをしてます。
立場上クレジットカードや各種ローン
取立て等の管理・法的手続きについ
ては詳しいです。
守秘義務に違反しない、ギリの所ま
でお伝えしたいと思います。

Powerd by igosso似顔絵アバター

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
裏キャッシング道!現役信販マンが教えるカード・キャッシングのお得な活用方法