<プロが教えるキャッシング鉄板情報~現役金融マンですが何か?>

ウェブ上に溢れるクレジットカード・キャッシングの情報を、その業界人として確実なもの、すなわち「鉄板な」情報のみを厳選してお送りします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

利息制限法

(利息の最高限)第1条 
金銭を目的とする消費貸借上の利息の契約は、その利息が左の利率により計算した金額をこえるときは、その超過部分につき無効とする。

・元本が10万円未満の場合
 年2割
・元本が10万円以上100万円未満の場合
 年1割8分
・元本が100万円以上の場合
 年1割5分2 

債務者は、前項の超過部分を任意に支払つたときは、同項の規定にかかわらず、その返還を請求することができない。

(利息の天引)第2条 
利息を天引した場合において、天引額が債務者の受領額を元本として前条第1項に規定する利率により計算した金額をこえるときは、その超過部分は、元本の支払に充てたものとみなす。

(みなし利息)第3条
前2条の規定の適用については、金銭を目的とする消費貸借に関し債権者の受ける元本以外の金銭は、礼金、割引金、手数料、調査料その他何らの名義をもつてするを問わず、利息とみなす。但し、契約の締結及び債務の弁済の費用は、この限りでない。

(賠償額予定の制限)第4条 
金銭を目的とする消費貸借上の債務の不履行による賠償額の予定は、その賠償額の元本に対する割合が第1条第1項に規定する率の1.46倍を超えるときは、その超過部分につき無効とする。

《改正》平11法1552 第1条第2項の規定は、債務者が前項の超過部分を任意に支払つた場合に準用する。3 前2項の規定の適用については、違約金は、賠償額の予定とみなす。
スポンサーサイト

テーマ:クレジットカード・ローンカード - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 関連法
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<ブラックリストとは | ホーム | 出資法>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kinyuman45.blog17.fc2.com/tb.php/12-7234ab38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

現役金融マンですが何か?

Author:現役金融マンですが何か?
Masaです。
信販会社のサラリーマンをしてます。
立場上クレジットカードや各種ローン
取立て等の管理・法的手続きについ
ては詳しいです。
守秘義務に違反しない、ギリの所ま
でお伝えしたいと思います。

Powerd by igosso似顔絵アバター

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
裏キャッシング道!現役信販マンが教えるカード・キャッシングのお得な活用方法