<プロが教えるキャッシング鉄板情報~現役金融マンですが何か?>

ウェブ上に溢れるクレジットカード・キャッシングの情報を、その業界人として確実なもの、すなわち「鉄板な」情報のみを厳選してお送りします。
プロが教えるキャッシング鉄板情報~現役金融マンですが、何か? トップ > スポンサー広告 > 2010年末の個人向け貸金市場は2兆円の減少?!プロが教えるキャッシング鉄板情報~現役金融マンですが、何か? トップ > 金融ニュース > 2010年末の個人向け貸金市場は2兆円の減少?!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2010年末の個人向け貸金市場は2兆円の減少?!

日本貸金業協会が、貸金業界の月次統計資料(2月公表分)を公表しましたが、この内容がスゴイ事になってます。

そのなかでも、資料中の2010年12月度実績を見ると、消費者金融とカード会社44社の消費者向け無担保貸付の2010年12月末貸付残高が、7兆1,433億7,900万円となっていて、前年同月末で比べると、なんと2兆1,177億7,900万円の減少でした。



内訳をみると、消費者向け無担保貸付の2010年12月末の貸付残高内訳は、消費者金融の貸付残高が3兆1,800億2,900万円、カード会社が3兆9,633億5,000万円だったため、これを合計すると7兆1,433億7,900万円となり、前年同月末の9兆2,611億5,800万円に比べて、2兆1,177億7,900円の減少となったものです。


たった一年で2兆円・・・。

ひとつの業界規模に匹敵する金額規模ですよね。


日本貸金業協会によると、前年末比で2兆円強の減少になった原因について、さまざまな要因が考えられるとしています。


まず、一番にあげられるのは2010年6月に改正資金業法が完全施行され、借入総額を年収の3分の1以下に抑える「総量規制」が実施されたことが挙げられます。


また、従来はカードローンなどを利用していた収入のない専業主婦が、配偶者の同意や配偶者の収入の証明書などがないと借入れを行うことができなくなったことで、実質的に借りづらくなってしまったのも大きな要因です。


改正貸金業法によって貸付における上限金利が20%となったため、従来29.2%の金利をベースに貸付を行っていた貸金事業者が、新しい金利に見合った貸付を行うように審査上の調整を行わなければならなくなり、結果として貸付先が絞られるようになったのも貸付金額が減少した要因だと思われます。


実際、中小企業の資金繰りに消費者金融が厳しくなって、ヤミ金に流れざるをえなかったのも、この「貸したくても貸せない」状況が大きいと言われています。


こうした、「借り手側と資金供給側の双方の状況の変化」(日本貸金業協会)により、個人向け貸金市場が縮小しているのが、実態といえそうです。
スポンサーサイト
  1. 金融ニュース
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<プロミスが無利息キャンペーン中です☆ | ホーム | 超党派で「貸金業法改正」見直し機運が台頭?!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kinyuman45.blog17.fc2.com/tb.php/46-762503b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

現役金融マンですが何か?

Author:現役金融マンですが何か?
Masaです。
信販会社のサラリーマンをしてます。
立場上クレジットカードや各種ローン
取立て等の管理・法的手続きについ
ては詳しいです。
守秘義務に違反しない、ギリの所ま
でお伝えしたいと思います。

Powerd by igosso似顔絵アバター

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
裏キャッシング道!現役信販マンが教えるカード・キャッシングのお得な活用方法