<プロが教えるキャッシング鉄板情報~現役金融マンですが何か?>

ウェブ上に溢れるクレジットカード・キャッシングの情報を、その業界人として確実なもの、すなわち「鉄板な」情報のみを厳選してお送りします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

審査とは ②

キャッシングの申込みをして、まず審査で断られる方はと言うと一般的に
次のような方と言えるでしょう。
(ただし、会社によって基準が異なる為、100%とは言いません。)
 
 ・破産等の法的手続きを申請中、又は宣告を受けた方。
 ・信用情報機関で、支払い状況の悪い情報が登録されている方
 ・失業中、又は無職の方

他にもいろいろあると思いますが、上記の場合は、まず新規借り入れは困難
と思われます。

ただ、そのうちの「無職」のカテゴリーに「専業主婦」が入るかどうか、と
言うのは会社によって判断が違うようです。

これはなぜかというと個人情報保護法が少なからず影響している為と思われ
ます。

以前は、主婦なら夫の勤務先や収入を聞くことにより判断材料のひとつとし
ていましたが、現在は本人以外の家族の個人情報を聞くと言う事は問題があ
るため、それもできなくなりました。
 
また改正貸金業法の総量規制の関係もあり、世帯収入を主婦の収入とみなすか
どうかは議論されているところです。

ただ、一般的には自社情報又は信用情報機関に適度な(この基準も難しいの
ですが)支払い実績等のクレジットヒストリーがあり、世帯収入があれば、現状
10万限度程度のキャッシング利用額なら、そこからスタートと言う事で、審査が
可決になるケースの方が多いのではないでしょうか?

学生についても同様です。

アルバイト収入しかなく、またそのアルバイト先も転々とするケースが多い
学生の方がリスクは高いと言えるかもしれません。
 
ただ、学生の場合は実家の住所・電話番号等は審査時に必ず聞くことになり
ますし、親にバレたくないという気持ちもあるのかあまり大きく延滞になる
ケースは少ないのが現実です。

実際、学生の方が自由になるお金が多いことは珍しくありませんし、将来も
ありますしね。

これは主婦の方も共通していますが、ただご主人に知られたくないから、と
キチンと払う方と、あちこちに借金しまくって破産の道を突っ走る方と極端
に別れる傾向があります。

年金生活者などの高齢者は、年齢制限や法律により年金をあてにした融資を
行うのは禁止されていますので、審査はなかなか難しいのですが、やはり、
収入に余裕のある高齢者も多いため、各社とも積極的に行っているようです。

ただ、高齢化とはいえ、65才以下までと制限している会社が大多数といえます。

スポンサーサイト

テーマ:クレジットカード・ローンカード - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 審査とは
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<審査とは ① | ホーム | ネットでの申込から契約の流れ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kinyuman45.blog17.fc2.com/tb.php/7-7a0bda5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

現役金融マンですが何か?

Author:現役金融マンですが何か?
Masaです。
信販会社のサラリーマンをしてます。
立場上クレジットカードや各種ローン
取立て等の管理・法的手続きについ
ては詳しいです。
守秘義務に違反しない、ギリの所ま
でお伝えしたいと思います。

Powerd by igosso似顔絵アバター

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
裏キャッシング道!現役信販マンが教えるカード・キャッシングのお得な活用方法